三重の美味酒

「伊勢志摩の料理は、三重の地酒でお召し上がりいただきたい。」そんな思いで美味しいお酒を探し、伊勢志摩の旅館では当館でしか味わえないお酒をご用意いたしました。

Hokosugi KH

【酸味】と【甘み】のバランスが良いまるでワインのようなお酒。
貝料理との愛称が良いお酒です。 酸味の効いた味わいなので肉料理とあわせて頂いても美味しいです。

ほこすぎ 純米無濾過原酒-神の穂仕立て

三重県独自の酒米<神の穂>という米を用いて、作った純米酒。クセの無い柔らかな香りと優しくさっぱりとした辛口お酒。

酒屋八兵衛(さかやはちべえ)山廃純米酒

手間を惜しまない特別な製法で造られた、さっぱりとしたコクのある辛口な味わいです。

滝水流(はやせ) 辛口純米酒

G7伊勢志摩サミットのディナーの食中酒に選ばれました。 赤目四十八滝の伏流水で醸される綺麗な純米酒、爽快なキレ味抜群な辛口のお酒です。魚介との相性抜群です。
Noname irodoriシリーズ 紺碧 常盤緑 橙 茜

Noname irodori~彩シリーズ   限定酒


三重県は古来より「美し国(うましくに)」と呼ばれ、美しい自然に恵まれた食材の宝庫であることや、伊勢神宮を中心に先人たちが築き上げてきた歴史により、数多くの美味しいものを全国へ発信してきました。
その中で県内蔵元が醸す酒も例外ではなく、その味わいは全国の地酒通の間で広く認められており、全国的に見ても高いレベルにあります。
美し国に、美味し酒あり。
そんな、美味し酒の中でも蔵元が販売しない名前の付いてないお酒が限定発売されました。


 

作(ざく) 恵乃智 純米 


やや辛口で、女性でも飲みやすいお酒です。
フルーティな香りとスッキリとしたのみ口で後からお酒の旨味が口の中で広がります。
冷やしても、常温でも美味しいお酒です。
海の幸にはもちろんお肉にも合います。
2010年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の公式日本酒にも認定され、あの中田英寿氏も蔵元に訪問したほどのお酒です。